読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黙々とC#

"In a mad world of VBA, only the mad are sane" 『VBAという名の狂った世界で狂っているというのなら私の気は確かだ』


演算子と計算

本記事は、Excel C# Script入門講座の1記事です。

演算子と計算

計算を行うには、演算子を用います。算術計算を行うにあたっては、演算子の中の「算術演算子」を用います。

演算結果を変数に代入するには、= (半角イコール)を用います。

変数 = 値 <演算子> 値

算術演算子

2つのオペランドをとる2項演算子として、以下の組み込みの算術演算子が用意されています。これらの演算子はすべての数値型に対して利用可能です。

意味 利用例
+ 加算 var a = 11 + 12;
- 減算 var b = 2 - 3;
* 乗算 var c = 3 * 7;
/ 除算 var d = 9 / 2;
% 余り var e = 8 % 3;

インクリメント、デクリメント

単項演算子として以下の組み込みの算術演算子が用意されています。

前置き演算子の演算結果は、インクリメント/デクリメントを実行したのオペランドの値となります。

一方、後置き演算子の場合、インクリメント/デクリメントを実行するのオペランドの値となります。

意味 概要
++x 前置きインクリメント xを1増やす
x++ 後置きインクリメント xを1増やす(ただし演算結果は1増やす前の値)
--x 前置きデクリメント xを1減らす
x-- 後置きデクリメント xを1減らす(ただし演算結果は1減らす前の値)