読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黙々とC#

"In a mad world of VBA, only the mad are sane" 『VBAという名の狂った世界で狂っているというのなら私の気は確かだ』


変数

本記事は、Excel C# Script入門講座の1記事です。

変数

変数は、数値や文字列、オブジェクトを一時的に格納する入れものです。

スクリプト内で変数を利用する際は、まず、変数を宣言します。変数の宣言は、

利用したい変数のクラス名 変数名

のように行います。

int i;
string str;

変数に値を代入するには = (半角イコール)を使用します。

int i;
i = 5;

なお、C# Scriptでは、宣言と同時に値の代入(初期化)が可能です。

int i = 5;

また、クラス名を記載する代わりに、var (型推論)を使うことが可能です。varを使うとより手軽にスクリプトを書けるので、積極的に使っていきたいところです。

var i = 5;

なお、C# Scriptでは、変数を宣言せずにスクリプト中で、いきなり変数を利用することはできません。変数名のtypoなど誤って違う変数名で指定した場合、コンパイルエラーが発生するため、スクリプト実行前にエラーを発見することが可能です。