読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黙々とC#

"In a mad world of VBA, only the mad are sane" 『VBAという名の狂った世界で狂っているというのなら私の気は確かだ』


文字列操作

要加筆修正 Excel C# Script入門講座

本記事は、Excel C# Script入門講座の1記事です。

文字列操作

文字列の置換

var str = "No VBA, No Life.";
var replacedStr = str.Replace("VBA","C#");

文字列の文字数

var str = "No C#, No Life.";
var l = str.Length;

部分文字列の取得

var str = "No C#, No Life.";
//指定した位置から末尾まで取得
var substr = str.Substring(6);

//指定した位置から指定文字数だけ取得
var substr2 = str.Substring(6,2);

特定の文字/文字列の位置の取得

var str = "No C#, No Life.";
var i = str.IndexOf("C#");

文字列が見つかった場合は、value の 0 から始まるインデックスでの位置。見つからなかった場合は -1。

引数 が String.Empty の場合、戻り値は 0 。

なお、LastIndexOfメソッドを用いると、引数の文字列が最後に見つかった位置を取得できる。

var str = "No C#, No Life.";
var i = str.LastIndexOf("No");