黙々とC#

"In a mad world of VBA, only the mad are sane" 『VBAという名の狂った世界で狂っているというのなら私の気は確かだ』


ワークブックを閉じる

本記事は、Excel C# Script入門講座の1記事です。

ワークブックを閉じる

ワークブックを閉じるには、WorkbookオブジェクトのCloseメソッドを使用します。このメソッドは引数で、閉じる際に、ブックを保存して閉じるか否かを設定できます。

Closeメソッドの構文

(Workbookオブジェクト).Close(SaveChanges, Filename, RouteWorkbook)

Closeメソッドの引数

引数名 必須 / オプション 内容
SaveChanges 省略可能 ブックに変更がある場合に、変更を保存するかどうかを指定します。
Filename 省略可能 変更後のブックのファイル名を指定します。
RouteWorkbook 省略可能 次の回覧対象のユーザに、ブックを送信するか否かを指定します。
SaveChanges引数について

ブックに変更があり、開いている他のどのウィンドウにも表示されていない場合、この引数で、変更を保存するかどうかを指定します。

(ブックに変更がない場合、この引数は無視されます。ブックに変更があり、開いている他のウィンドウに表示されている場合、この引数は無視されます。)

true を指定すると、変更がブックに保存されます。

ブックにファイル名が付けられていない場合は、FileName がファイル名として使用されます。Filename を省略すると、ファイル名を指定するダイアログ ボックスがユーザーに表示されます。

RouteWorkbook引数について

この引数は、ブックを次の受信者に回覧する必要がある場合(回覧用紙があり、未回覧の人がいる場合)にのみ有効となります。

trueを指定すると、次の受信者にブックが送信されます。

falseを指定すると、ブックは送信されません。

引数を省略するとブックを送信するかどうか確認するダイアログボックスがユーザーに表示されます。

注意

このメソッドでブックを閉じるとき、ブックの Auto_Close マクロは実行されません。Auto_Close マクロを実行するには、RunAutoMacros メソッドを使用します。

サンプルコード

//アクティブなワークブックを閉じます。変更は保存しません。
Excel.ActiveWorkbook.Close(SaveChanges:false);